So-net無料ブログ作成

【レンタル彼氏】 看護師・早苗の場合 倉科遼 [男性&女性コミック]

看護師をしている早苗は、出張ホストの存在を知って実際に買ったことがある。
何故、早苗は男を買ったのだろうか?

【レンタル彼氏】看護師・早苗の場合

早苗は、印刷会社で同僚だった男と結婚した。それを機に猛勉強をして夢だった看護師に
なったのだ。本当に真面目な頑張り屋さんなのである。

夫も、真面目で不器用で人見知りなところは早苗とよく似ている。
似た者同士の結婚といえるだろう。

そして、童貞と処女という男女関係には、ほとんど免疫のない2人でした。

しかし、堅実な2人はお金を貯めてマイホームを持とうという新たな夢にむけて、
派手な生活はせずに、質素に暮らしていました。

こんな生活をしていた早苗が出張ホストに手を出したのには、理由があります。

童貞と処女 セックスの深くを知らずにいた2人は、セックスを楽しむということもなく、
早苗はこんなもんだろうとあまり考えもしませんでした。

夫がフェラチオを要求したときでさえ、「嫌だ」と拒否したくらいです。

ところが、夫が会社の女好きの先輩としょっちゅう行動をともにしているという情報をつかんだ
早苗です。しかし、真面目な夫に限ってと疑うことをしませんでした。

しかし、ある日、トイレで早苗のあそこに異変がありました。病院へ行ってわかりました。
クラミジア 要するに性病でした。

犯人は夫です。フィリピンパブで入れあげ、そこの女と関係を持ってしまったのです。
借金もしていました。少ない小遣いで入れあげることはできません。
妻との物足りないセックス、外で、今まで味わったことのない快感を経験し、
のめり込んでいったのです。真面目で免疫がないのですから、仕方ない部分もあります。

が、それ以来、夫とのセックスを拒否している早苗です。
自分以外の女とセックスをしてきた夫を不潔に感じている早苗ですが、
離婚はしたくないのです。

たまたま病院でベッドのシーツを片付けている時に、ごみ箱にあったエロ本に気づき、
手に取りました。どぎつい描写のエロ本を読みふけってしまった早苗です。

その中で見つけた出張ホストの存在。

早苗は、夫の裏切りを許せずにいました。もし、私も他の男とセックスをすれば・・・
夫を許せる気持ちになるかも・・・という思いもありました。

インターネットで調べて、連絡を取り実際に会いました。
始めての相手は、イケメンでセックスに自信があるというホストでしたが、
ひとりよがりで、早苗はまったく感じませんでした。

2人目は、しっくりこずに話だけしてセックスはしなかった。

こんなはずではと、3人目 このホストは、ふんわりとした雰囲気があり、聞き上手だった。
早苗は知らず知らずのうちに、夫への不満をぶちまけていた。

そして、早苗は言った。「夫はきっと私とのセックスに不満があるんだと思う。私・・これまで
セックスに努力してこなかったから・・・」

それを受けてホストは、「じゃあ 努力してみようよ どうすれば男が喜ぶか僕でよかったら教えてあげるよ」

彼とのセックスは最高だった。キスから始まり丹念に下で全身を舐めまわしてくれて、それで感じてしまって、
あそこを舐められた時にはそれだけでイってしまった早苗だった。

フェラチオもどうすれば男が気持ちよくなるか丁寧にそのホストは教えてくれ、常にほめてくれた。

それからは、定期的にホストを買い、セックスを楽しみながら技術を覚えていった早苗。

そして、途絶えていた夫とのセックスも自分から積極的に求めていった。
夫は最初は戸惑っていたが、早苗がフェラチオをすると感動し、喜んだ。

「私が間違っていた・・これからはあなたのどんな要求にも応えるから 2人で頑張っていこう」
と、離婚の危機を乗り切ったのだった。

しかし、どんな要求にも応えるといった手前、縛られて軽SMっぽいセックスにも応じた早苗。
恥ずかしいが濡れまくっていた。

夫の不貞への当てつけで始めた「レンタル彼氏」買いで、皮肉にも夫婦生活の大事さを教えられ、
夫婦のセックスを毎日楽しむようになり、「レンタル彼氏」も必要なくなった早苗。

それまでフェラチオもしてくれなかった妻が、突如、セックスの達人になっていたら・・・・

などと想像してしまいますが・・・・

【レンタル彼氏】看護師・早苗の場合  は

ハッピーエンドです。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。