So-net無料ブログ作成
検索選択

若き日の武田信玄 ~倉科遼~

言わずと知れた甲斐の虎 武田信玄、 風林火山を旗印にして、
戦国時代最強と言われた武田軍を作り上げました。

その武田信玄の若き頃はどうだったのか?
それを漫画で教えてくれる倉科遼。

晴信と呼ばれていた若き頃の信玄は、馬にばかり乗っていました。
そして、市中を見て回り、庶民の生活ぶりや不満などを、
見聞きしていました。

諸豪族が群雄割拠する甲斐の国をまとめたのは、信玄の父親でした。
お館様と呼ばれ、誰も簡単には意見などできるものではありませんでした。

戦で気づきあげた甲斐の国を守ろうとするお館様は、奪い取った地域に
新たな築城をして、守りを固めようとします。

ところが、民衆は兵役に駆り出され、疲弊しています。戦争中、残されていた
女たちは、働き手をお館様に奪われてしまい、生活は困窮を極めています。

そんな状態のところへ、お館様は、今度は築城するから労力とお金を出せと
命じようとします。

晴信は、この父親の考えに真っ向から反対しました。
「市中の庶民は苦しんでいるのに、この上労力もお金も奪い取ったら、反乱しかねません。
民の心をつかめないものに、国を治めることなどできませぬ。このままでは、武田家は、
自ら滅びるでしょう!」

すかさず、お館様から鞭が晴信めがけて振り下ろされます。何度も、何度も・・・
家臣や、弟春繁が「おやめ下さい。お館様!」とお願いします。

どうも、晴信とお館様は肌が合わないようです。
そのため、お館様から「家督は、お前には渡さん!弟の春繁に家督を継がせる!」
言いきられてしまいます。

晴信は、恋人の真衣に怒られます。「場所柄もわきまえずお館様にご意見などするから、
こんな目に合うのですよ!晴信様が悪いのですよ!」と・・

「わしは、思ったことを正直に話しただけじゃ。」
「その馬鹿正直がいけないと言っているのです。それでは、世渡りが上手にできませんよ。
でも、真衣はそのような晴信様が好き・・・・」

「真衣!」と言って引き寄せる晴信です。
後はご想像通りです。描写は優しいですが・・・

その後、
「真衣!わしはいつの日か京へ上るぞ!」
「えっ それは天下を取ると言うことですか?」

「そうだ、今の将軍の権威は地に落ちている。その上
小大名が各地で争っている今の状況では、誰かが
京へ上り号令をかけねば、戦は治まらぬ!」

「晴信様は大変なことを考えていらっしゃるのですね!
驚きますわ。」

「何を言う!そなたが、戦のない世に生まれたかった
言ったではないか!今は戦の絶えない世だ。だから、
誰かが変えていかねばなるまい。
わしは、京へ上って天下をとるぞ!」

信玄は、やはり若いころから違っていたようです。


若き日の武田信玄 ~倉科遼~





「つゆダク」 美人の部長とH

「つゆダク」 人気のコミックです。

4流大学出身の露崎卓郎が、難関のテレビ局に入社できたというサプライズな
出来事からして何かありそうと思わせてくれます。

サバイバルの入社テストも面白かったし、入社後の特別技術職への配属も
うなずけるものでした。

局内で、生のアイドルや歌手、女子アナ、女優などを見るたびに卓郎のテンションは
上がります。

同期の中には、女子アナの卵もいます。夢が膨らむばかりの卓郎です。

「特別技術職」のトレーニングを受けることになった卓郎。

場所は、美人部長のお宅。
そうなんです。特別技術職の仕事はセックスなのです。
相手を満足させなければいけないので、技量が必要なのです。

美人部長と体を合わせれると聞いて興奮やら、不安やらがありますが、
部長のベッドで枕を抱きながら「部長の匂い いい匂いだ~」 の卓郎です。

期待していた部長とのセックスは、予想外に厳しいものでした。
女性への体の触り方、指使い、こまごまと指示されます。

気持ち良いところまで中々いけない卓郎です。
極めつけは、「中出し禁止」です。守れなければ「パイプカット」です。

何かあるのではという卓郎の不安が的中しました。

それでも、部長を喜ばすことはできて、第一目標は合格した卓郎です。

調子に乗った卓郎は、部長のことを「礼子!」と呼び捨てにしました。
すかさず、
「セックスしたからっていい気にならないでね。上司部下の関係は変わらないから!
仕事にはこれからも厳しくビシビシいくわよ!」と手厳しい美人部長です。

しゅんとして、トイレでシコシコに励む卓郎でした。

出させてもらえない生き地獄 しかし、アイドルとセックスできる。

板挟みに耐えながら 特別技術職 をやるしか卓郎です。

「市長 遠山京香」 赤石路代 [コミック]

無料で 「市長 遠山京香」 赤石路代 を読んで見ました。

舞台は300万人都市 華浜市 遠山京香は推理作家です。
その京香が日本屈指の大都市の市長となりました。

京香は、明晰な頭脳と優れた行動力、強靭な精神力を持ち合わせ、日本屈指の大都市
華浜市の硬直した市政にメスを入れます。

また、1人の人間として、妻として、親としても頑張る京香です。

そんな京香の前に立ちはだかる 数々の不正や悪 裏金、危険な道路、荒れる成人式、
少子化対策、高齢者対策、反対派への対応・・・と問題は山積みです。

京香が立候補した背景には、夫の父 義父である 遠山康造が前市長であったことと、
その康造が亡くなったことも関係があるようです。

ベストセラー作家である京香は、妻であり1児の母であり、美貌とよきスタイルを兼ね備えており、
その存在は小説ファンに限らず、その人気は、老若男女全ての年齢層に定着しています。

その、遠山京香の市長選は、もちろん圧勝でした。
華浜市に新風を吹き込んでくれるものと皆が期待している証拠でした。

京香の家族は、夫の康平(イラストレーター)、娘のありす(小5)、姑の薫子 です。

朝は、娘のありすに起こされ、これから眠りにつく康平にコーヒーを入れてもらい、
薫子の小言で朝食をちゃっちゃっと済ませるのでした。

そして、スーツに着替えると市長に変身です。

迎えの車も到着し、準備万端です。

京香の特技の1つに、早読みがあります。文章を扱う小説家の成せる業でしょうか?!

市民からのメールやFAXをあっという間に読んでしまうのです。
300万人都市の市民、相当数のメールやFAXがあると思うのですが・・・・凄い!


そこから、問題の有り無しを素早く判断し、ことの解決に繋げていくのです。

楽しみですよ、京香の活躍!!


引きこもりのところにホストがやってきた

タイトルは「永久指名お願いします」 です。

兄と二人暮らしの十和子は中2から引きこもりです。
元々大人しくして読書ばかりしていた十和子はイジメのターゲットになってしまい。
結局、学校へ行けなくなりました。

その後まもなく両親が交通事故で亡くなり、兄と2人暮らしとなりました。

兄は、「お前を守る!」と言って働いて十和子を養ってくれます。

十和子は、パソコンと兄だけが外部とのつながりです。それで十分なのです。

ところが、兄が仕事を変えてからおかしくなりました。

兄は、昼間の仕事からホストへ変身しました。生活時間帯が十和子と同じになりました。

十和子が困ったのは、兄が仕事が終わると先輩ホストとともに家に帰ってくるようになったことです。

酒臭くて、化粧臭い そうじゃなくても人との接触が嫌な十和子にはたまりません。

それが、毎日続き兄とは喧嘩ばかりです。

そんなある日、兄が先輩ホストに十和子は引きこもりです。と話したことから様子が変わり始めました。

ホスト達は、十和子を引きこもりから脱却させるべく作戦を立てます。

最初は、まったくうまくいきませんが、次第に心を開くようになる十和子です。

引きこもりの女子をホストが立ち直らせる。

ちょっと想定外のコミックかもしれないですよ。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。