So-net無料ブログ作成
コミック ブログトップ

文明開化とアンティーク 浅田京麻 [コミック]

「文明開化とアンティーク」 浅田京麻

これは、明治時代の話です。

洋服屋で働く吉野結子は、元々は武家の出なのですが、明治では
そんなものは通用しない。

お金に困っていたこともあって、持っていた 雪舟の絵を売ろうとしていました。
そして、美術商の霧島堂のある横浜へと出てきました。

美術品には興味があり、外から眺めるだけだったのですが、今日は絵を売るために
とはいえ美術品を見れることに感激してそわそわです。

霧島堂に着いて、店の前をうろうろしていると、急にドアが開き、
イケメンが出てきました。イケメンの名は霧島ミハル ハーフで店主です。

「何かお探しですか、よかったら商品 手に取ってみますか?」と優しい。

「いえ、今日は目的があってきたんです。雪舟というお坊さんの書いた絵を買って
頂きたいと思いまして・・・。」と結子は答えました。

そして、絵を見てもらいました。
「贋作ですね。雪舟は500年近く前の人だ。作品が新しすぎる。」
にべもありませんでした。

「えっ 借金までして買ったんですよ。贋作だなんて・・・」
「雪舟は贋作が多い。しかし、この作品は雪舟に近づこうという努力さえしていない。
贋作と分かった以上ウチは買わない。」

結衣は、がっくりです。絵が売れて楽になると思っていたのに、無一文になってしまいました。

とぼとぼと勤務場所の洋服屋に向かっていると、同じ店の女の子が駆けてきて、
「お店が大変なの、旦那さんが夜逃げをしたらしいの!!」と言うではありませんか。

結衣は、泣きっ面に蜂でした。悪いことは重なるのです。

途方に暮れている結衣のところに、今度は借金取りです。
「すぐに返してくれ!無理なら吉原を紹介する。」
もう、計画的でした。返せるはずのない金を貸して、吉原に高く売る。

結衣は綺麗で、スタイルもいい女性です。口は少々悪いですが、容貌に問題はありません。
金貸しが目を付けるのも分かる気がします。

最悪の状態のところにさっきの霧島堂のイケメン店主ミハルと友人の薬員密吾が通りかかり、
結衣を助けてくれ、おまけに借金を払ってくれました。

結衣は、今度はイケメン店主からお金を借りたことになりました。

霧島堂で、結衣は2人に今までの事情を話しました。
(兄が医者になるため留学していること、そのためにお金が必要だが、
祖父の借金を父親返済するのがやっとで、結局留学費用も借りている。)

結局お金がないということを結衣は2人に話しました。

働いていた洋服屋もなくなり、おまけに贋作までつかまされた結衣は、
どうやってイケメン ミハルにお金を返そうかと悩んでいました。

そこへ、外国人が霧島堂の商品を見に店に入ってきました。

結衣は、はっとひらめき
この外国人の接客を始めました。

英語は喋れませんが、洋服屋で働いていたので外国人に対するコンプレックスはない結衣です。

不思議なくらい、日本語だけで外国人の接客をして、気持ちよくお買い上げ頂きました。

その後、イケメン ミハルに向かって、
「ここで働かせて下さい。言葉は無理ですが、外国人の接客には慣れています。
その働いた給料で、借金を返済させて下さい。」
とお願いしました。

ミハルも、あのような接客はできないし、人も不足している。「雇ってみようか。」と
思いました。

結衣は、無一文の生活からは脱出できたようです。

しかし、結衣は知らなかったのです。

ミハル が ドS だと言うことを・・・・

ここからの展開も見逃せません。

イケメンとベッピン 中々いいカップルですよ。

何かいるっ ・・・・」のようなエロまんがではないですが、結構見応えのある漫画ですよ

「文明開化とアンティーク」 浅田京麻

「市長 遠山京香」 赤石路代 [コミック]

無料で 「市長 遠山京香」 赤石路代 を読んで見ました。

舞台は300万人都市 華浜市 遠山京香は推理作家です。
その京香が日本屈指の大都市の市長となりました。

京香は、明晰な頭脳と優れた行動力、強靭な精神力を持ち合わせ、日本屈指の大都市
華浜市の硬直した市政にメスを入れます。

また、1人の人間として、妻として、親としても頑張る京香です。

そんな京香の前に立ちはだかる 数々の不正や悪 裏金、危険な道路、荒れる成人式、
少子化対策、高齢者対策、反対派への対応・・・と問題は山積みです。

京香が立候補した背景には、夫の父 義父である 遠山康造が前市長であったことと、
その康造が亡くなったことも関係があるようです。

ベストセラー作家である京香は、妻であり1児の母であり、美貌とよきスタイルを兼ね備えており、
その存在は小説ファンに限らず、その人気は、老若男女全ての年齢層に定着しています。

その、遠山京香の市長選は、もちろん圧勝でした。
華浜市に新風を吹き込んでくれるものと皆が期待している証拠でした。

京香の家族は、夫の康平(イラストレーター)、娘のありす(小5)、姑の薫子 です。

朝は、娘のありすに起こされ、これから眠りにつく康平にコーヒーを入れてもらい、
薫子の小言で朝食をちゃっちゃっと済ませるのでした。

そして、スーツに着替えると市長に変身です。

迎えの車も到着し、準備万端です。

京香の特技の1つに、早読みがあります。文章を扱う小説家の成せる業でしょうか?!

市民からのメールやFAXをあっという間に読んでしまうのです。
300万人都市の市民、相当数のメールやFAXがあると思うのですが・・・・凄い!


そこから、問題の有り無しを素早く判断し、ことの解決に繋げていくのです。

楽しみですよ、京香の活躍!!


にがくてあまい 野菜生活 [コミック]

父親が大企業を辞めて、東京を離れ田舎で自然栽培の野菜を作ると言い出した。

マキは、まだ高校生だった。彼氏もいるし、友達もたくさんいた。とても田舎なんかには
行きたくなかった。そこで、父親と大喧嘩!!

これが、マキの野菜大嫌いに繋がっていくのだった。

高校卒業と同時に、親元を離れて都会に舞い戻り、一人一生懸命に生きていったマキだった。

そして、大手広告代理店に潜り込み、実績を積み上げていき、今では、デキル女として上司も
後輩もマキのことを認めている。

マキは、美人だしスタイルも良い。当然、彼氏の何人もいるはずだと思われているが、

ところが、残念ながら男については、連戦連敗 仕事はできるのだが、そのほかのことは
さっぱりのマキであった。

料理、掃除、洗濯、まったくだめなのだ。部屋は、カップめんの殻と、缶ビールの空き缶、スナック菓子の
空き袋で埋もれている。

もう、ごみだめである。

そんなマキだが、飲みやでイケメンと隣同士になり、酔いつぶれてしまった。

店のマスターに頼まれたイケメンが酔いつぶれたマキをアパートまで送った。
あまりの部屋の汚さに、綺麗好きのイケメンは我慢できなかった。

夜中だというのに、片付けてしまったのだ。きったな~い マキの部屋を!

おまけに、朝食まで作っってやった。五穀の入ったスープだ。

やっと起きたマキは驚いた!服を着てないし、部屋は片付いているし、イケメンが朝食を作っているし、

ここで、一悶着あって、マキは五穀の入ったスープを飲む。

「おいし~い」 野菜嫌いのマキが野菜たっぷりのスープを飲んでいるからびっくりだ。

この後、同居することになり、マキは、野菜生活を送ることになる。

家を出た原因でもある にっくき野菜を毎日食べることになったのだ。

何故か?

それは、「にがくてあまい」 まんだ王国のじっくり試し読みで読んで欲しい!!

このイケメン ゲイの高校教師なのだ。それが、マキと同居 意味深だぞ!!
コミック ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。